CPRM対応のDVD再生ソフトや解除方法をご紹介コピーフリーソフト) ⇒ 再生
スポンサードリンク

再生

CPRMの再生についてご紹介しましょう。

CPRMでは「1回だけ録画可能」なデジタル放送をデジタル録画した場合、他のデジタル機器にダビングを行うことはできません。
CPRM対応プレーヤーでなければ再生することはできないのです。
かつてDVDで使用されていたCSSは再生機器の鍵の管理がずさんなメーカーがありました。
そのため、すべての暗号を解除できるスクリプトが公開され大変な騒ぎになりました。
CPRMではこれを防ぐための機構が用意されているのです。
新しいメディアでは流出したデバイスキーを持つ機器での記録や再生ができなくなるため、万能の暗号解除ソフトなどを作ることはできません。

インータビデオジャパン株式会社は、MPEG-4やCPRM付きコンテンツの再生に対応したDVD再生ソフト「WinDVD 6」シリーズを2004年の6月18日に発売しました。
24fpsの映画素材をPCモニター上で60〜100fpsで再生できるとし、さらに2-3プルダウンによる揺れも改善されました。
田中社長は「DVD再生ソフトはコモディティ化したのではといわれるが、高度なフォーマットに対応することで“ユニバーサルプレーヤー”になった」と、その時にコメントしています。
WinDVD 6でのWMV HDの再生要件は、Pentium 4 3GHz、メモリ512MB以上です。
なお、認証などにはそれまで同様「InterActual Player」を利用しています。
そのため、日本以外で発売されているWMV HDタイトルを日本国内で再生することは基本的にできません。
機能面では、滑らかな早戻しをすることのできる「スムース・リバースプレイバック」を搭載しています。
-0.2/-0.4/-0.8/-1/-2倍速の早戻しをすることができ、DVD再生ソフトでは初めてです。
ただし、早戻し時に音声は再生されません。
メディアにコンテンツをコピーすると暗号化されたデータ本体を記録することはできますが、メディアIDやMKBまではコピーできないため、復号時に暗号化に使用した鍵を生成することができず、再生することができないのです。

CPRMの再生には、フリーソフトがありませんがWinDVDなどのメーカー品で良いものがあるので、ぜひ利用しましょう。
スポンサードリンク

DVDFab HD DecrypterWinDVD