CPRM対応のDVD再生ソフトや解除方法をご紹介コピー解除) ⇒ コピー
スポンサードリンク

コピー

CPRMとはDVDなどに採用されている、記録メディア向けの著作権保護技術の一つのことです。
つまり技術のことを指すのですね。
コンテンツのデジタル方式でのコピーをメディアに記録する際にそれを一度だけ許容し、メディアからメディア、他の機器へのコピー(ダビング)を禁じる「コピーワンス」を実現する方式の一つなのです。

現在流通してい市販のDVDであったりVHSやレンタルビデオ店で借りてきたもの、それらを複製やコピーしようとても拒否されたり、あるいは不要で良く分からない画像の乱れが混入して正常には見れないコピー品ができあがったことがある人がいると思います。
それは映像に特殊な信号を組み込ませることにより不正に複製できないようにしてあるためです。
その技術を前述の他にCPRMコピーガード(コピーコントロール、コピープロテクト、不正コピー防止機能、コピー制御)などと呼びます。

固有のメディアIDをBCA (Burst Cutting Area)と呼ばれる、ライティングソフトを使用して書き込めないDVDの最内周部分領域に書き込み、映像データは暗号化して記録します。
パソコンなどを使ってデータはコピーできたとしても、メディアIDを書き換えられないので復号できません。
よって映像などを見ることは出来ないのです。

最近では、短い時間でなおかつオリジナルよりも安くコピーができるようになり危機感を感じたメーカー側による研究、実験がいろいろ進められています。
そしてDVDやVHS(ビデオ)映像関係やCDなどの音楽メディア関係の著作物のコピーをガードすることを認めないようにたくさんの種類が存在してきています。

CPRMのメディアをCPRMに対応したDVDプレーヤーやDVDレコーダーなどで再生する場合、アナログのビデオ端子からは、CGMS-Aとして出力されるようになっています。
家電量販店などのAV機器コーナーでは、画像安定装置などと称して、CGMS-Aなどのアナログコピーガードが容易に除去出来る装置が公然と販売されています。
つまり、コピーを完全に防止する事は困難だと言われています。
だからと言って、法を犯すような行為は絶対にやめましょうね。
スポンサードリンク

再生ソフトCPRM対応