CPRM対応のDVD再生ソフトや解除方法をご紹介DVD(DVD-R,DVD-RW)フリーソフト) ⇒ DVD(DVD-R)
スポンサードリンク

DVD(DVD-R)

CPRMとDVD(DVD-R)などのメディアについてご紹介してまいます。

まず、CPRMとは、「コピー・ワンス(1世代だけ録画可能)」の番組を録画するときに使われるコピー制御方式のことを言います。
コピー制御技術ですね。
CPRMに対応したDVD(DVD-R)などの各種メディアや機器やライティングソフトが必要となってきます。

この方式により録画されたメディアを再生する場合には、たとえDVD(DVD-R)などへの再生対応を謳ってたとしても、その再生機器がCPRMに対応していなければ見ることはできません。

PCに関する雑誌を久々に買って読んでみるとCRPM対応DVD(DVD-R)をHDDにVR形式で保存するツールが掲載されていました。
BSデジタル放送をCRPM対応DVD(DVD-R)に録画したものは全部処分してしまったので、手持ちのDVD(DVD-R)がなくて実験はできていません。
更に別のソフトウェアでDVD(DVD-R)へCRPM解除した形で焼くことも可能なようですね。
いたち企業とユーザのいたちゴッコもここまで来たのかと驚いています。
専門用語が飛び交うのでPC操作や画像ファイルに詳しい方向けですね。

次世代DVD(DVD-R)が本格化していくと、CRPM対応DVD(DVD-R)に保存していたファイルの編集、コピーが必要となることがあるでしょう。

ブルーレイレコーダーで録画したBD-R/REからAACSを解除してTSファイルをPCにコピーできるBackupBDAVというソフトが以前公開されました。
ですが、今度はDVDレコーダーで録画したDVD(DVD-R)記録メディアからCPRMを解除してPCにコピーできるソフトが公開されているようです。

公開されているのは、メディアからContentsKeyを取得するcprmgetkeyというソフトです。あと、取得したContentsKeyを使ってCPRMを解除するcprm2freeというソフトです。

CPRMを解除してPCにコピーしたVROファイルはDVD(DVD-R)再生ソフトを使って再生することが可能なようです。
スポンサードリンク

CPRM対応ダビング10