CPRM対応のDVD再生ソフトや解除方法をご紹介フリーソフトコピー) ⇒ relCPRM
スポンサードリンク

relCPRM

relCPRMをご存知ですか?
なるものについてご紹介してまいりましょう。

relCPRM
地上デジタル放送のコピーワンスを解除することのできるソフトです。
2011年には地上アナログ放送が終了してデジタル放送になります。
全地域、地上デジタル放送のみになってしまいます。
地上デジタル放送には、CPRMというものがあることを皆様はご存知ですね。
CPRMとは、地上デジタル放送独特のコピーガード技術のことで、DVD Decrypterなどのソフトではこれを解除することができません。
そこで、このrel CPRMが登場しました。

relCPRMの使い方のついて聞いたのでご紹介します。
ダウンロード後、「relCPRM.exe」を実行すると、操作を進めることができます。

上の選択で、DVD-RAM内の VR_MOVIE.VROを選択してください。
下の選択で、できたファイルの保存先を選択してください。
選択し終わったらOKボタンをクリックしてください。

できたファイル(VR_MANGR.IFO,VR_MOVIE.VRO)は、「DVD_RTAV 」フォルダに入れて焼くことで元のVR形式のDVDになります。
また、拡張子.mpgをつければWindowsMediaPlayerで再生することができます。

relCPRMは、Microsoftが無償提供している「Microsoft Visual C++ 2005 再頒布可能パッケージ」のインストールが必要となります。

relCPRMの場合<VROファイルを選択>はDVDの中のDVD_RTAV→VR_MOVIE.VROを選択しますが、<保存先を選択>PCのハードディスクです。
たとえばmy documentなどです。

relCPRM v0.0.664を入手しcprmもrelCPRMにより解除したのですが処理時間が10時間以上かかりました。
relCPRMで、ゲージの上に最初「cprmgetkey」が2秒程表示され、その後は表示が「c2dec」となり約4分です。

relCPRMで解除することが可能かもしれませんが、悪い使い方はやめましょう。
スポンサードリンク

フリーソフト解除