CPRM対応のDVD再生ソフトや解除方法をご紹介コピー ⇒ ダビング10
スポンサードリンク

ダビング10

近頃テレビやラジオのニュース番組でたびたび取り上げられる「ダビング10」。
「ダビング10」とはいったい何なのでしょうか。
CPRMとダビング10について紹介してまいります。

ダビング10とは、内蔵のハードディスク内に録画したダビング10対応のデジタル放送番組をCPRMやAACS対応のDVDなどのメディアに対して、コピーを9回、ムーブを1回行うことがが可能になる地上デジタル放送の番組録画のコピーに関する新たな運用ルールです。
ダビング10は「ダビングテン」と呼びます。

これまでは、CPRMやAACSに対応したメディアに録画番組を一度移動(ムーブ)してしまうと、ハードディスク内の録画番組は削除されるような仕組みでした。
これは「コピーワンス」と言われるルールで2007年10月に電子情報技術産業協会(JEITA)が発表したルールです。

その「コピーワンス」のルールが大幅に緩和されたのが、この「ダビング10」なのです。

では、「ダビング10」ではどのようなことが可能となったのでしょうか。

「ダビング10」ではコピー9回、ムーブ1回の計10回CPRMやAACS対応のメディアに保存することが可能となります。
9回目までのコピーは、ハードディスク内に録画した番組が残ります。
最後の1回が「移動(ムーブ)」ということになり、ハードディスク内の録画番組は削除されます。
10回目でハードディスク内から番組を消去されてしまうので注意が必要です。
スポンサードリンク

DVD(DVD-R)ソフト