CPRM対応のDVD再生ソフトや解除方法をご紹介コピーDVD(DVD-R,DVD-RW)) ⇒ パソコン
スポンサードリンク

パソコン

パソコンもCPRMに対応したパソコンでなければならない。

CPRMに対応したパソコンやハードディスクがないと、録画したデジタル放送の番組を再生することができないことをご存知だろうか。

2004年から、「コピーワンス」というコピー制御方式、すなわちCPRMが実装されている。
これにより、デジタル放送の番組録画には、CPRMに対応したハードディスク、メディア・パソコンが必要となった。
この方式の導入により、デジタル放送の番組を録画した場合、CPRMに対応したレコーダーであったりパソコンを持っていれば再生が可能であるが、CPRMに非対応のレコーダやパソコンでは再生ができない仕組みになっている。

録画したデジタル放送の番組のデータを、たとえパソコンに移すことができたとしても、それをパソコン上で再生することはできない。
また、そのパソコン上のデータをCPRM対応のDVD-R・DVD-RW・DVD-RAM・DVD-R DLにコピーしても、それを再生する機器がCPRM対応の機器でない限りは映像を見ることができない。

似た方式として、CPPMとよばれる再生専用メディアのコピープロテクト方式がある。
これは、Content Protection for Prerecorded Mediaの略で、原理的にはCPRMと同様である。
次世代DVDの企画であるブルーレイ・HD DVDでは、CPPMなどと比較して、ますます解除を難しくする、AACS等の新しい方式によるコピーガードをパッケージソフトなどで採用しているようだ。
スポンサードリンク

ソフトダビング