CPRM対応のDVD再生ソフトや解除方法をご紹介コピー ⇒ ダビング
スポンサードリンク

ダビング

CPRMは、コピー方式の名称であり、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAMなどの記憶媒体・メディアに、著作権を保護する目的で番組をダビングするための仕組みなのです。
2004年からは、CPRMに対応でないDVDレコーダーやDVDディスクでは、「コピーワンス(1回だけダビング可能)」なデジタルテレビ放送であっても、ダビングすることはできなくなった。
最近ではダビング10が取り沙汰されているが、そちらも同様である。
ちなみにダビング10は、コピーワンスの制限がゆるくなったものである。

CPRMは、上述の通りコピーワンス番組をダビングするときに使われる方式のことである。
現在のところでは、DVD-R・DVD-RAM・DVD-RWがこのダビングに対応しているようだ。
最近では、DVD-Rでも対応するものが多く出始めている。
しかし、ダビングし、ダビングした番組を見るためには対応した機器が必要なのである。
以前あった問題の反省から、さらにダビングのシステムを強化し、万一暗号鍵が破られようとも対処出来るようにしたものである。
独自のIDをBCAと呼ばれる、ライティングソフトでは書き込むことのできないDVDの最内周部分領域に書き込み、映像データは暗号化して記録する。
たとえパソコンなどを使ってそのデータを取り込むことができても、メディアIDを書き換えることはできないため復号できない。
よって、映像も見ることは出来ないのである。
この方式を使用してダビングされたメディアは、CPRMに対応した機器がないと見ることが出来ない。
パソコンソフトによるメディア鑑賞の場合では、インターネットを経由しての認証が必要になる。
再生する時は、このメディアIDと別のMKBという言われるものによって作られる暗号鍵と、機器の持つデバイスキーで復号が行われる。
だが、万一暗号鍵が破られようとも、メディア側のMKBデータを更新してしまうとそのメディアの復号が行えなくなる。
結果、映像を見ることが出来なくなるとうわけだ。
ただ、最近では、フリーソフトのコピーツールによっては、CPRMそのものを無効にしてしまうというものがあると言われている。
スポンサードリンク

パソコンMac