CPRM対応のDVD再生ソフトや解除方法をご紹介 ⇒ ⇒ 編集
スポンサードリンク

編集

市販のDVD-Videoソフトで採用しているのはVideoモードと呼ばれる規格です。このモードで記録されたディスクは一般のDVDプレーヤーでの再生互換性が高いのですが、多くの制限があります。例えば、二ヵ国語放送での音声を両言語とも記録したり、1コマ単位での編集をしたりすることができません。地上デジタル放送の「1回だけ録画可能」な番組を録画することもできません。そこで登場したのが、VRモードという規格です。VRモードなら、二ヵ国語放送の録画や1コマ単位の編集が可能になります。CPRM対応のディスクと併用すれば、デジタル放送の「1回だけ録画可能」な番組を録画することもできます。VRモードのソフトで録画したものを編集するための編集ソフトも、いくつも登場しています。例えば、サイバーリンク社のDVDオーサリングソフトウェアである「PowerProducer 3」においては、デジタル放送時代に対応した、CPRMコピーワンス技術が搭載されています。VRモードで録画されたディスクのプレイリスト編集に対応しています。そして、タイトルやプレイリストの追加・編集・削除の他、チャプターの追加・削除が可能になっています。
スポンサードリンク

PowerDVD解除方法