CPRM対応のDVD再生ソフトや解除方法をご紹介 ⇒ 解除
スポンサードリンク

CPRMとはコピー制御方式のことですが、そのCPRMの解除方法について詳しくご紹介してまいります。

[使うソフト]
cprm2free003以降
cprmgetkey041以降
DVD-VIDEOオーサリングソフト(必要に応じて)
MPEG再生ソフト
その他
※各HPからダウンロードしてください。

[解除1]
任意のHDD直下に『cprm』というフォルダ作成。
『cprmgetkey.exe』と『cprm2free.exe』を保存。

[解除2]
DVDをドライブにセット
エクスプローラ(explorer)等で内容を確認。
『VR_MANGER.IFO』と『VR_MOVIE.VRO』を『cprm』フォルダへコピー。

[解除3]
[win]+RでDOS操作ウィンドウ起動。
コマンド:cd▲c:\cprm

[解除4]
コマンド:cprmgetkey▲m:
※『m:』の『m』の意味はDVDをセットしたドライブレターです。もしEドライブにDVDをセットした場合には『cprmgetkey▲e:』となりますので注意。

[解除5]
cprmgetkey.exe起動
しばらく経つとコンテンツキーが表示される。

[解除6]
コマンド:cprm2free▲コンテンツキー
処理が開始される。

[解除7]
カウンターが上がっていき、左右両方の数値が同じ値になったら処理終了。
DOS操作ウィンドウを閉じる。

[解除8]
『cprm』フォルダ内に『free_VR_MANGER.IFO』と『free_VR_MOVIE.VRO』が作成されている。
この2ファイルがDVD-VRの映像データである。

[解除9]
『free_VR_MOVIE.VRO』に『.mpg』拡張子を追加。
うまく再生することができれば、CPRMが無事解除されたことになる。
うまく再生できない方は再度試してみてほしい。

[解除10]
うまく再生できれば、追加した『.mpg』拡張子を消去。
『free_VR_MANGR.IFO』と『free_VR_MOVIE.VRO』を他のフォルダに移動。
ファイル名から『free_』を消し、オーサリングソフトでDVD-VIDEOを作成。

注)この方法は『DVD-VIDEOを作成出来る状態のDVD-VR映像データへの変換」であり、決して『DVD-R/RW/RAMのコピーを作成することではない』ということをご理解ください。


relCPRM│ 解除
CPRMとは、著作権保護のために採用されているコピーワンスの一つです。市販のビデオやDVDをレンタルしてきて、複製ダビングをしても、綺麗に再生できなくなる技術のことです。とはいえ、お気に入りのDVDをダビングしたい人は多いものです。そうなると、CPRMの解除方法を知りたいと思うでしょう。インターネットを探すと、解除方法が色々とわかります。解除方法というタイトルで、解除方法のフリーソフトを紹介するサイトもあります。中でも有名なフリーソフトがDVD decripterです。DVD decripterを使って、制御を解除すれば、DVD再生のソフトで再生できるようになります。とはいえ、DVDやVHS(ビデオ)映像関係やCDなどの音楽メディア関係の著作物を守るための対策が次々と考え出されています。例えば、メディアをCPRMに対応したDVDプレーヤーやDVDレコーダーなどで再生する時には、アナログのビデオ端子からCGMS-Aとして出力されるようになっています。とはいえ、家電量販店などのAV機器コーナーでは、CGMS-Aなどのアナログコピーガードが容易に除去出来る装置が販売されています。画像安定装置などいう名前で売られているようです。CPRMの解除方法に関しては、著作権との問題が絡むので、あくまでも自己責任で行うことが大切です。解除方法を知っても解除しないようにしましょう。

編集│ 解除 │DVDFab HD Decrypter
CPRMとは、いったいどんな機能なのでしょうか。
イメージするのは「コピーガード」です。
CPRMとは「Content Protection for Recordable Media」の略です。
著作権を守るために、DVDなどに採用されているコピーワンスの1つだそうです。
市販のdvdやビデオをレンタルしてきて、複製ダビングすると綺麗に再生できなくなります。その技術がCPRM です。
しかし、最近はcprmの解除方法がインターネット上で色々探せるようになってきました。DVDdecripterなどのフリーソフトが有名なようです。
DVDdecripterなどフリーソフトを使ってcprmを解除してdvd再生のソフトを使えば、再生可能になるとのことです。
cprmの解除方法は他にも様々あるようですが、著作権法が関わることです。あくまでも自己責任で行うことが大切だと思うのですがソフト自体が高いのでしょうね。
また解除ソフトを使う操作は、やってみると意外と簡単にcprmを解除できるようです。しかし、大量複製して販売する行為も多々見られます。これは違法です。
個人使用の場合も解釈は分かれるようですが法に触れないような使用が重要です。
私は解除ソフトを購入してまでコピーをしたいとは思いません。
ましてや、コンピュータの知識が乏しいのでもしかしたら知らぬうちに、法に触れることをしてしまうかもしれません。
正直、そのようなソフトは抵抗があります。
ちなにに、私のパソコンには「ビーズゴールド8」というソフトがあります。
このソフトは、普通のパソコンに内蔵されているソフトでコピーできないものがビーズゴールド8だったらコピーできるときが時々あります。
なぜだか分かりません。ちょっとラッキーって思う程度ですが。

コピー│ 解除 │PS3
CPRMとはDVDなどに採用されている、記録メディア向けの著作権保護技術の一つのことです。
つまり技術のことを指すのですね。
コンテンツのデジタル方式でのコピーをメディアに記録する際にそれを一度だけ許容し、メディアからメディア、他の機器へのコピー(ダビング)を禁じる「コピーワンス」を実現する方式の一つなのです。

現在流通してい市販のDVDであったりVHSやレンタルビデオ店で借りてきたもの、それらを複製やコピーしようとても拒否されたり、あるいは不要で良く分からない画像の乱れが混入して正常には見れないコピー品ができあがったことがある人がいると思います。
それは映像に特殊な信号を組み込ませることにより不正に複製できないようにしてあるためです。
その技術を前述の他にCPRMコピーガード(コピーコントロール、コピープロテクト、不正コピー防止機能、コピー制御)などと呼びます。

固有のメディアIDをBCA (Burst Cutting Area)と呼ばれる、ライティングソフトを使用して書き込めないDVDの最内周部分領域に書き込み、映像データは暗号化して記録します。
パソコンなどを使ってデータはコピーできたとしても、メディアIDを書き換えられないので復号できません。
よって映像などを見ることは出来ないのです。

最近では、短い時間でなおかつオリジナルよりも安くコピーができるようになり危機感を感じたメーカー側による研究、実験がいろいろ進められています。
そしてDVDやVHS(ビデオ)映像関係やCDなどの音楽メディア関係の著作物のコピーをガードすることを認めないようにたくさんの種類が存在してきています。

CPRMのメディアをCPRMに対応したDVDプレーヤーやDVDレコーダーなどで再生する場合、アナログのビデオ端子からは、CGMS-Aとして出力されるようになっています。
家電量販店などのAV機器コーナーでは、画像安定装置などと称して、CGMS-Aなどのアナログコピーガードが容易に除去出来る装置が公然と販売されています。
つまり、コピーを完全に防止する事は困難だと言われています。
だからと言って、法を犯すような行為は絶対にやめましょうね。

再生ソフト│ 解除 │CPRM対応
スポンサードリンク