CPRM対応のDVD再生ソフトや解除方法をご紹介 ⇒ フリーソフト
スポンサードリンク

CPRMとはコピー制御方式のことですが、そのCPRMの解除方法について詳しくご紹介してまいります。

[使うソフト]
cprm2free003以降
cprmgetkey041以降
DVD-VIDEOオーサリングソフト(必要に応じて)
MPEG再生ソフト
その他
※各HPからダウンロードしてください。

[解除1]
任意のHDD直下に『cprm』というフォルダ作成。
『cprmgetkey.exe』と『cprm2free.exe』を保存。

[解除2]
DVDをドライブにセット
エクスプローラ(explorer)等で内容を確認。
『VR_MANGER.IFO』と『VR_MOVIE.VRO』を『cprm』フォルダへコピー。

[解除3]
[win]+RでDOS操作ウィンドウ起動。
コマンド:cd▲c:\cprm

[解除4]
コマンド:cprmgetkey▲m:
※『m:』の『m』の意味はDVDをセットしたドライブレターです。もしEドライブにDVDをセットした場合には『cprmgetkey▲e:』となりますので注意。

[解除5]
cprmgetkey.exe起動
しばらく経つとコンテンツキーが表示される。

[解除6]
コマンド:cprm2free▲コンテンツキー
処理が開始される。

[解除7]
カウンターが上がっていき、左右両方の数値が同じ値になったら処理終了。
DOS操作ウィンドウを閉じる。

[解除8]
『cprm』フォルダ内に『free_VR_MANGER.IFO』と『free_VR_MOVIE.VRO』が作成されている。
この2ファイルがDVD-VRの映像データである。

[解除9]
『free_VR_MOVIE.VRO』に『.mpg』拡張子を追加。
うまく再生することができれば、CPRMが無事解除されたことになる。
うまく再生できない方は再度試してみてほしい。

[解除10]
うまく再生できれば、追加した『.mpg』拡張子を消去。
『free_VR_MANGR.IFO』と『free_VR_MOVIE.VRO』を他のフォルダに移動。
ファイル名から『free_』を消し、オーサリングソフトでDVD-VIDEOを作成。

注)この方法は『DVD-VIDEOを作成出来る状態のDVD-VR映像データへの変換」であり、決して『DVD-R/RW/RAMのコピーを作成することではない』ということをご理解ください。


relCPRM│ フリーソフト
relCPRMをご存知ですか?
なるものについてご紹介してまいりましょう。

relCPRM
地上デジタル放送のコピーワンスを解除することのできるソフトです。
2011年には地上アナログ放送が終了してデジタル放送になります。
全地域、地上デジタル放送のみになってしまいます。
地上デジタル放送には、CPRMというものがあることを皆様はご存知ですね。
CPRMとは、地上デジタル放送独特のコピーガード技術のことで、DVD Decrypterなどのソフトではこれを解除することができません。
そこで、このrel CPRMが登場しました。

relCPRMの使い方のついて聞いたのでご紹介します。
ダウンロード後、「relCPRM.exe」を実行すると、操作を進めることができます。

上の選択で、DVD-RAM内の VR_MOVIE.VROを選択してください。
下の選択で、できたファイルの保存先を選択してください。
選択し終わったらOKボタンをクリックしてください。

できたファイル(VR_MANGR.IFO,VR_MOVIE.VRO)は、「DVD_RTAV 」フォルダに入れて焼くことで元のVR形式のDVDになります。
また、拡張子.mpgをつければWindowsMediaPlayerで再生することができます。

relCPRMは、Microsoftが無償提供している「Microsoft Visual C++ 2005 再頒布可能パッケージ」のインストールが必要となります。

relCPRMの場合<VROファイルを選択>はDVDの中のDVD_RTAV→VR_MOVIE.VROを選択しますが、<保存先を選択>PCのハードディスクです。
たとえばmy documentなどです。

relCPRM v0.0.664を入手しcprmもrelCPRMにより解除したのですが処理時間が10時間以上かかりました。
relCPRMで、ゲージの上に最初「cprmgetkey」が2秒程表示され、その後は表示が「c2dec」となり約4分です。

relCPRMで解除することが可能かもしれませんが、悪い使い方はやめましょう。

フリーソフト│ フリーソフト │解除
CPRMとフリーソフトについてご紹介します。
ここでは主にフリーソフトの質問とその回答です。

[Q]
デジタルレコーダで録ったDVDをPCで、再生したいです。
でも、今のPCでは再生することができません。
パイオニアのDVR-108は、CPRM対応ドライブなのかもよくわかっていません。
また、CPRMのDVDは、専用ソフト(フリーソフト含む)が必要だと聞いています。
フリーソフトが大変嬉しいのですが、値段がそれほど高くなければフリーソフトでなくともメーカー品でも構いません。
また今普通のDVD-VedeoもWMPでも再生できないため、仕方なくフリーソフトを使っている状態です。
DVDドライブについていた、ハンドルソフトMyDVDとRecordNowをそれぞれインストールしていたときは問題ありませんでした。
しかし、RecordNowだけVerUPしてからダメになってしまいました。

CPRM対応の再生ソフト(フリーソフト)
パソコンの再生ソフト(フリーソフト)をCPRM対応にするにはどうしたらいいですか?

[A]
DVR-108は、対応ドライブです。
これまでに国内で市販されたDVD書き込み機能のあるドライブは、最初期に出た2、3台の例外を除いて全てCPRM対応ドライブです。
実際問題、ドライブに関しては気にする必要はないと思います。

またフリーソフトですが、現在はまだフリーソフトは存在しないと思います。

パッケージもありますが、「POWERDVD」「WinDVD」などを最新バージョンにダウンロード販売で入手してアップグレードすると対応することができます。

CPRMを再生するためにはDVDドライブが対応している必要があります。
再生ソフトも、フリーソフトはたぶんなく大概有料ですね。
有料でDLできるサイトもあると思いますよ。
POWERDVDなどがオススメです。

CPRM対応再生ソフトはフリーソフトではまだなさそうですね。

Decrypter│ フリーソフト │relCPRM
cprm2freeやcprmgetkeyというのがありますね。

cprm2freeであったりcprmgetkeyというソフトをダウンロードしようとしてけど、できないという経験はありませんか。
サイトが閉じてしまっているのでダウンロードはできないようです。
ただ、インターネット上の掲示板などの書き込みを見ていると、多くのみなさんがP2Pを使ってダウンロードしているようですね。
そのようなcprm2freeに関する書き込みがいくつかありました。
もしかしたらパソコンがまったくの素人だと言う方は「p2p」がわからないかもしれませんね。
p2pを知らなければ、cprm2freeとcprmgetkeyのダウンロード、あるいは入手することはできません。

P2Pの意味は「pear to pear」のことを指し、その略です。
人から人へファイル交換するという意味となります。
つまりこの「pear to pear」とはソフトのことを指すのではなく人と人とのファイル交換の総称を表しています。
つまりcprm2freeやcprmgetkeyは人との交換でしか入手できないということになりますね。
世間的にも有名なのがWinMXやwinnyです。

cprm2freeとcprmgetkeytといったものに著作権がもしあるとすれば、作者に無断でファイル交換によって入手するのは違法となります。
また、さらに言えばそのソフトを使用してファイルの交換を行う、あるいは環境に置くこと自体も違法となります。

つまり、まともな方法ではcprm2free等は手にできないということです。
あきらめましょう。

WinDVD│ フリーソフト │Decrypter
CPRM、中でも今回はWinDVDについてご紹介します。

WinDVDは、ご存知Panasonic製の製品でDVD-Videoを再生するためのアプリケーションソフトです。

まずは、オンラインヘルプの見方。
WinDVDの操作方法については、オンラインヘルプをご覧になると分かりやすいです。
WinDVDの起動後に、次のうちのいずれかの方法で見ることができます。

●WinDVDの画面上で右クリックし、[ヘルプ]をクリックする。
●WinDVDの画面右上の[?]をクリックする。

CPRMで録画したディスクを再生しましょう。
デジタル放送などで「1回だけ録画可能」として放送された番組をDVDレコーダーで録画/記録した場合、WinDVDでそのディスクを再生するには、インターネットからWinDVDにCPRM拡張機能プログラムをダウンロードして組み込む必要があります。

WinDVDを使ってみる。
次のどちらかの方法で起動することができます。

●(スタート)-[すべてのプログラム]-[InterVideo WinDVD]-[InterVideo WinDVD for Panasonic]を選択する。
●デスクトップの(InterVideo WinDVD)をダブルクリックする。

デスクトップに(InterVideo WinDVD)が表示されていないという場合には、「WinDVDを削除してしまった」をご覧になってみてください。
そして、再インストールしてください。

BS放送を録画したDVDを、WinDVDで再生しようとすると「CPRMコンテンツをスキップしています」となり、再生する事が出来ないという質問がよくなされます。

デジタル放送で1回限りコピーのものを録画してそれをパソコンで再生する場合には以下の点に注意が必要です。

●再生ソフトがCPRMに対応していなければならない。
●パソコンのドライブがCPRMに対応していないといけない。

再生│ フリーソフト │cprm2free
CPRMの再生についてご紹介しましょう。

CPRMでは「1回だけ録画可能」なデジタル放送をデジタル録画した場合、他のデジタル機器にダビングを行うことはできません。
CPRM対応プレーヤーでなければ再生することはできないのです。
かつてDVDで使用されていたCSSは再生機器の鍵の管理がずさんなメーカーがありました。
そのため、すべての暗号を解除できるスクリプトが公開され大変な騒ぎになりました。
CPRMではこれを防ぐための機構が用意されているのです。
新しいメディアでは流出したデバイスキーを持つ機器での記録や再生ができなくなるため、万能の暗号解除ソフトなどを作ることはできません。

インータビデオジャパン株式会社は、MPEG-4やCPRM付きコンテンツの再生に対応したDVD再生ソフト「WinDVD 6」シリーズを2004年の6月18日に発売しました。
24fpsの映画素材をPCモニター上で60〜100fpsで再生できるとし、さらに2-3プルダウンによる揺れも改善されました。
田中社長は「DVD再生ソフトはコモディティ化したのではといわれるが、高度なフォーマットに対応することで“ユニバーサルプレーヤー”になった」と、その時にコメントしています。
WinDVD 6でのWMV HDの再生要件は、Pentium 4 3GHz、メモリ512MB以上です。
なお、認証などにはそれまで同様「InterActual Player」を利用しています。
そのため、日本以外で発売されているWMV HDタイトルを日本国内で再生することは基本的にできません。
機能面では、滑らかな早戻しをすることのできる「スムース・リバースプレイバック」を搭載しています。
-0.2/-0.4/-0.8/-1/-2倍速の早戻しをすることができ、DVD再生ソフトでは初めてです。
ただし、早戻し時に音声は再生されません。
メディアにコンテンツをコピーすると暗号化されたデータ本体を記録することはできますが、メディアIDやMKBまではコピーできないため、復号時に暗号化に使用した鍵を生成することができず、再生することができないのです。

CPRMの再生には、フリーソフトがありませんがWinDVDなどのメーカー品で良いものがあるので、ぜひ利用しましょう。

DVDFab HD Decrypter│ フリーソフト │WinDVD
CPRMに対応の再生ソフトをインターネット上で探している方が多くいるように感じます。
しかもCPRMに対応のソフト探している方は、特にフリーソフトのダウンロードを求めているようですね。

おそらくですが、今のところまだCPRMに対応した再生ソフト(フリーソフト)はないように思います。
ただ、有料であればいくつかのソフトがあります。

例えば、「CinePlayer^(TM) DVD Decoder for Windows Vista^(TM)」というソフトがあります。

[以下、HPより抜粋]
RoxioのCinePlayer DVD Decoder for Windows Vista ver. 1.0はWindows Media Player専用に設計されており、これによりWindows Vistaシステムにおきます高画質かつ高音質のDVD-Videoの再生を実現します。
Windows Vista の Home Premium 及び Ultimate にはDVD-Video再生機能が標準で装備されているため、この商品は不要です。

ほかにも「POWERDVD」「WinDVD」などのソフトがあります。

また、CPRMを再生したいのであれば、ドライブも対応したものをもっていなくてはなりませんね。
外付けの対応ドライバの購入も考慮にいれるべきかもしれませんね。

このようにCPRMに対応するには、対応した再生ソフト、ドライバが必要と言うことです。
なかなか簡単には見させてくれないのですね。

ダビング10│ フリーソフト │パソコン
CPRMとDVD(DVD-R)などのメディアについてご紹介してまいます。

まず、CPRMとは、「コピー・ワンス(1世代だけ録画可能)」の番組を録画するときに使われるコピー制御方式のことを言います。
コピー制御技術ですね。
CPRMに対応したDVD(DVD-R)などの各種メディアや機器やライティングソフトが必要となってきます。

この方式により録画されたメディアを再生する場合には、たとえDVD(DVD-R)などへの再生対応を謳ってたとしても、その再生機器がCPRMに対応していなければ見ることはできません。

PCに関する雑誌を久々に買って読んでみるとCRPM対応DVD(DVD-R)をHDDにVR形式で保存するツールが掲載されていました。
BSデジタル放送をCRPM対応DVD(DVD-R)に録画したものは全部処分してしまったので、手持ちのDVD(DVD-R)がなくて実験はできていません。
更に別のソフトウェアでDVD(DVD-R)へCRPM解除した形で焼くことも可能なようですね。
いたち企業とユーザのいたちゴッコもここまで来たのかと驚いています。
専門用語が飛び交うのでPC操作や画像ファイルに詳しい方向けですね。

次世代DVD(DVD-R)が本格化していくと、CRPM対応DVD(DVD-R)に保存していたファイルの編集、コピーが必要となることがあるでしょう。

ブルーレイレコーダーで録画したBD-R/REからAACSを解除してTSファイルをPCにコピーできるBackupBDAVというソフトが以前公開されました。
ですが、今度はDVDレコーダーで録画したDVD(DVD-R)記録メディアからCPRMを解除してPCにコピーできるソフトが公開されているようです。

公開されているのは、メディアからContentsKeyを取得するcprmgetkeyというソフトです。あと、取得したContentsKeyを使ってCPRMを解除するcprm2freeというソフトです。

CPRMを解除してPCにコピーしたVROファイルはDVD(DVD-R)再生ソフトを使って再生することが可能なようです。

CPRM対応│ フリーソフト │ダビング10
CPRMのデジタルレコーダで録画したDVDをパソコンで、再生したいのだが、、今のPCでは再生できない・・・
といった悩みをお持ちの方はいませんか?

CPRMを採用した映像のPCでの再生には再生ソフトが必要です。
再生ソフトが無ければPCでの再生はできないのです。
そして、CPRMした再生ソフトは有料のものしかなく、フリーソフトは存在しないようです。
(私の知る限り・・・)

ここでは有料の再生ソフトをご紹介いたします。

[オススメ再生ソフト1−『WinDVD』]
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040520/interv.htm

[オススメ再生ソフト2−『PowerDVD』]
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se289705.html?y

[オススメ再生ソフト3−『CinePlayer』]
http://www.roxio.jp/jpn/store/cddvdburning.html#007


定番の再生ソフトであればWinDVDやPowerDVDですね。
どちらの再生ソフトも6以上のバージョンなら対応しているはずです。
安い分(機能限定)でも対応しているかアップデートで対応するはずです。
購入時についていたWinDVDもパックを無料でダウンロードできCPRMのセットアップができるのではないでしょうか。

cine playerは、そこそこ使いやすいです。
ただし、100%良い物とは言い切れないところもあります。

CPRM再生できるものはけっこう重く、そのうえよくフリーズする傾向にあるようなので、ある程度の覚悟は必要です。
ちなみに私のPCに入っているWinDVDは重い上に止まるので全く使い物になりません。

CPRM対応の優れた再生ソフト(しかもフリーソフト)が登場してほしいものですね。

再生│ フリーソフト │コピー
スポンサードリンク