CPRM対応のDVD再生ソフトや解除方法をご紹介 ⇒ コピー
スポンサードリンク

relCPRMをご存知ですか?
なるものについてご紹介してまいりましょう。

relCPRM
地上デジタル放送のコピーワンスを解除することのできるソフトです。
2011年には地上アナログ放送が終了してデジタル放送になります。
全地域、地上デジタル放送のみになってしまいます。
地上デジタル放送には、CPRMというものがあることを皆様はご存知ですね。
CPRMとは、地上デジタル放送独特のコピーガード技術のことで、DVD Decrypterなどのソフトではこれを解除することができません。
そこで、このrel CPRMが登場しました。

relCPRMの使い方のついて聞いたのでご紹介します。
ダウンロード後、「relCPRM.exe」を実行すると、操作を進めることができます。

上の選択で、DVD-RAM内の VR_MOVIE.VROを選択してください。
下の選択で、できたファイルの保存先を選択してください。
選択し終わったらOKボタンをクリックしてください。

できたファイル(VR_MANGR.IFO,VR_MOVIE.VRO)は、「DVD_RTAV 」フォルダに入れて焼くことで元のVR形式のDVDになります。
また、拡張子.mpgをつければWindowsMediaPlayerで再生することができます。

relCPRMは、Microsoftが無償提供している「Microsoft Visual C++ 2005 再頒布可能パッケージ」のインストールが必要となります。

relCPRMの場合<VROファイルを選択>はDVDの中のDVD_RTAV→VR_MOVIE.VROを選択しますが、<保存先を選択>PCのハードディスクです。
たとえばmy documentなどです。

relCPRM v0.0.664を入手しcprmもrelCPRMにより解除したのですが処理時間が10時間以上かかりました。
relCPRMで、ゲージの上に最初「cprmgetkey」が2秒程表示され、その後は表示が「c2dec」となり約4分です。

relCPRMで解除することが可能かもしれませんが、悪い使い方はやめましょう。


フリーソフト│ コピー │解除
CPRMの再生についてご紹介しましょう。

CPRMでは「1回だけ録画可能」なデジタル放送をデジタル録画した場合、他のデジタル機器にダビングを行うことはできません。
CPRM対応プレーヤーでなければ再生することはできないのです。
かつてDVDで使用されていたCSSは再生機器の鍵の管理がずさんなメーカーがありました。
そのため、すべての暗号を解除できるスクリプトが公開され大変な騒ぎになりました。
CPRMではこれを防ぐための機構が用意されているのです。
新しいメディアでは流出したデバイスキーを持つ機器での記録や再生ができなくなるため、万能の暗号解除ソフトなどを作ることはできません。

インータビデオジャパン株式会社は、MPEG-4やCPRM付きコンテンツの再生に対応したDVD再生ソフト「WinDVD 6」シリーズを2004年の6月18日に発売しました。
24fpsの映画素材をPCモニター上で60〜100fpsで再生できるとし、さらに2-3プルダウンによる揺れも改善されました。
田中社長は「DVD再生ソフトはコモディティ化したのではといわれるが、高度なフォーマットに対応することで“ユニバーサルプレーヤー”になった」と、その時にコメントしています。
WinDVD 6でのWMV HDの再生要件は、Pentium 4 3GHz、メモリ512MB以上です。
なお、認証などにはそれまで同様「InterActual Player」を利用しています。
そのため、日本以外で発売されているWMV HDタイトルを日本国内で再生することは基本的にできません。
機能面では、滑らかな早戻しをすることのできる「スムース・リバースプレイバック」を搭載しています。
-0.2/-0.4/-0.8/-1/-2倍速の早戻しをすることができ、DVD再生ソフトでは初めてです。
ただし、早戻し時に音声は再生されません。
メディアにコンテンツをコピーすると暗号化されたデータ本体を記録することはできますが、メディアIDやMKBまではコピーできないため、復号時に暗号化に使用した鍵を生成することができず、再生することができないのです。

CPRMの再生には、フリーソフトがありませんがWinDVDなどのメーカー品で良いものがあるので、ぜひ利用しましょう。

DVDFab HD Decrypter│ コピー │WinDVD
レンタルビデオ店でDVDをレンタルしたとしても、近頃ではコピーすることができません。
かつてはコピーができたのですが、最近ではコピーをして転売したりする違法行為が行われているため様々な機能が内蔵されているようです。
そもそもCPRMというものは、馴染みのない専門用語でしたが知識は浅いものの「ダビングやコピーができないシステム」と解釈しています。
レンタルDVDは勿論再生は可能ですが、また見たいという時の為にダビングやコピーをして残しておきたいと思った人は少ないくないのではないでしょうか。
違法行為や犯罪意識のない娯楽目的の人にとってCPRM機能は迷惑なものです。
ダビングやコピーができれば、お出かけの時の車内や、外泊時にパソコンやDVDプレイヤーを持参して鑑賞できます。
しかし、CPRM対応の再生ソフトも販売されて何らかの対処法はあるようです。
しかし一般家庭ではまだ普及していないのではないのでしょうか。
ソフト自体が高いイメージがあります。
そこまでして、ダビングやコピーをしたいとは思いません。
便利な世の中になった代償に、何かと不便な思いもしていることも事実です。
CPRMの活用方法は消費者に優しいものであってほしいです。

DVDコピー│ コピー │解除
CPRM対応のデジタル番組をDVDコピーしたいという人が多くいるようですね。
CPRM対応のデジタル番組をDVDコピーして、そのDVDコピーした番組などを再生するためには、様々なものが必要となります。
例えばまず、CPRMに対応したレコーダーが必要となりますね。
そして、CPRMに対応した各種のメディア(DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、DVD-R DL)が必要となります。
DVDコピーもなかなか容易ではありませんね。
しかしこれだけではありません。
CPRMのDVDコピーには、ライティングソフトや再生ソフト(パソコンの場合)も必要なります。
ただ、かつてはCPRMは「コピーワンス」という方式を採用していました。
この時は今よりもDVDコピーが厳しい状況でした。
なんせDVDコピーが1度しかできないのですから。
その後「ダビング10」という方式になってからDVDコピーへの制約がだいぶ緩和されました。
ですが、緩和されたとはいえ、10回しかDVDコピーできないのですからまだ不便は不便ですね。
ちなみに「ダビング10」では10回目のDVDコピーの後にデータはレコーダーから消えてしまいます。
これには注意が必要ですね。

PS3(プレイステーション3)│ コピー │コピー
CPRMは、コピー方式の名称であり、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAMなどの記憶媒体・メディアに、著作権を保護する目的で番組をダビングするための仕組みなのです。
2004年からは、CPRMに対応でないDVDレコーダーやDVDディスクでは、「コピーワンス(1回だけダビング可能)」なデジタルテレビ放送であっても、ダビングすることはできなくなった。
最近ではダビング10が取り沙汰されているが、そちらも同様である。
ちなみにダビング10は、コピーワンスの制限がゆるくなったものである。

CPRMは、上述の通りコピーワンス番組をダビングするときに使われる方式のことである。
現在のところでは、DVD-R・DVD-RAM・DVD-RWがこのダビングに対応しているようだ。
最近では、DVD-Rでも対応するものが多く出始めている。
しかし、ダビングし、ダビングした番組を見るためには対応した機器が必要なのである。
以前あった問題の反省から、さらにダビングのシステムを強化し、万一暗号鍵が破られようとも対処出来るようにしたものである。
独自のIDをBCAと呼ばれる、ライティングソフトでは書き込むことのできないDVDの最内周部分領域に書き込み、映像データは暗号化して記録する。
たとえパソコンなどを使ってそのデータを取り込むことができても、メディアIDを書き換えることはできないため復号できない。
よって、映像も見ることは出来ないのである。
この方式を使用してダビングされたメディアは、CPRMに対応した機器がないと見ることが出来ない。
パソコンソフトによるメディア鑑賞の場合では、インターネットを経由しての認証が必要になる。
再生する時は、このメディアIDと別のMKBという言われるものによって作られる暗号鍵と、機器の持つデバイスキーで復号が行われる。
だが、万一暗号鍵が破られようとも、メディア側のMKBデータを更新してしまうとそのメディアの復号が行えなくなる。
結果、映像を見ることが出来なくなるとうわけだ。
ただ、最近では、フリーソフトのコピーツールによっては、CPRMそのものを無効にしてしまうというものがあると言われている。

パソコン│ コピー │Mac
パソコンもCPRMに対応したパソコンでなければならない。

CPRMに対応したパソコンやハードディスクがないと、録画したデジタル放送の番組を再生することができないことをご存知だろうか。

2004年から、「コピーワンス」というコピー制御方式、すなわちCPRMが実装されている。
これにより、デジタル放送の番組録画には、CPRMに対応したハードディスク、メディア・パソコンが必要となった。
この方式の導入により、デジタル放送の番組を録画した場合、CPRMに対応したレコーダーであったりパソコンを持っていれば再生が可能であるが、CPRMに非対応のレコーダやパソコンでは再生ができない仕組みになっている。

録画したデジタル放送の番組のデータを、たとえパソコンに移すことができたとしても、それをパソコン上で再生することはできない。
また、そのパソコン上のデータをCPRM対応のDVD-R・DVD-RW・DVD-RAM・DVD-R DLにコピーしても、それを再生する機器がCPRM対応の機器でない限りは映像を見ることができない。

似た方式として、CPPMとよばれる再生専用メディアのコピープロテクト方式がある。
これは、Content Protection for Prerecorded Mediaの略で、原理的にはCPRMと同様である。
次世代DVDの企画であるブルーレイ・HD DVDでは、CPPMなどと比較して、ますます解除を難しくする、AACS等の新しい方式によるコピーガードをパッケージソフトなどで採用しているようだ。

ソフト│ コピー │ダビング
近頃テレビやラジオのニュース番組でたびたび取り上げられる「ダビング10」。
「ダビング10」とはいったい何なのでしょうか。
CPRMとダビング10について紹介してまいります。

ダビング10とは、内蔵のハードディスク内に録画したダビング10対応のデジタル放送番組をCPRMやAACS対応のDVDなどのメディアに対して、コピーを9回、ムーブを1回行うことがが可能になる地上デジタル放送の番組録画のコピーに関する新たな運用ルールです。
ダビング10は「ダビングテン」と呼びます。

これまでは、CPRMやAACSに対応したメディアに録画番組を一度移動(ムーブ)してしまうと、ハードディスク内の録画番組は削除されるような仕組みでした。
これは「コピーワンス」と言われるルールで2007年10月に電子情報技術産業協会(JEITA)が発表したルールです。

その「コピーワンス」のルールが大幅に緩和されたのが、この「ダビング10」なのです。

では、「ダビング10」ではどのようなことが可能となったのでしょうか。

「ダビング10」ではコピー9回、ムーブ1回の計10回CPRMやAACS対応のメディアに保存することが可能となります。
9回目までのコピーは、ハードディスク内に録画した番組が残ります。
最後の1回が「移動(ムーブ)」ということになり、ハードディスク内の録画番組は削除されます。
10回目でハードディスク内から番組を消去されてしまうので注意が必要です。

DVD(DVD-R)│ コピー │ソフト
2004年11月以降、各メディアのメーカーからCPRM対応のDVD-Rディスクが発売されたことに合わせて、DVDレコーダメーカーからその対応状況が公開されました。

これまで、CPRM対応メディアはDVD-RW/RAMのみだったのですが、マクセル、三菱化学メディア、太陽誘電などからCPRM対応のDVD-Rメディアが発売されました。
CPRM対応DVD-Rの録画/再生を行なうには、対応レコーダが必要となります。
パイオニアの「DVR-920H-S/720H-S/625H-S/525H-S」や東芝の「RD-X5」や「RD- XS36/46」などがサポートしています。

DVD-RメディアがCPRM対応となったことで、対応DVDレコーダではVRモードでデジタル放送のコピーワンス放送録画が可能となります。

「PowerDVD」がCPRM対応に
サイバーリンクがDVD再生ソフト「PowerDVD」のCPRM対応を対応したと発表しました。
DVD再生ソフトの正式なCPRM対応は初のことでした。

◇松下電器産業
現在、松下電器産業はCPRM対応DVD-Rメディアに対応したDVDレコーダは発売していません。
DMR- E100H/E200H/E55/E85H/E87H/E95H/E220H/E330H/E500H/E75V/E150V/E250V、TH- 22LR30では、CPRM対応DVD-Rメディアを通常のDVD-RとしてDVDビデオモードでの録画などが行なえます。

◇日立製作所
日立製のレコーダも現在CPRM対応DVD-Rへの記録には非対応です。
DVDレコーダの「DV- DH400T/DH250T/DH160T/DS160/RV7000/RX7000/MS-DS400/DS250」では、VRモード録画には対応しません。
しかし、DVDビデオモードでの録画は可能となっているようです。

DVDディスクにCPRMコンテンツを記録する際、再生は録画に使ったDVDレコーダに限られます。
しかし、CPRM対応ソフトを使うことでPCでも著作権を保護しながら再生が可能となります。
ただし、ドライブがCPRMをサポートする必要があります。

コピー│ コピー │DVD(DVD-R)
CPRMとはDVDなどに採用されている、記録メディア向けの著作権保護技術の一つのことです。
つまり技術のことを指すのですね。
コンテンツのデジタル方式でのコピーをメディアに記録する際にそれを一度だけ許容し、メディアからメディア、他の機器へのコピー(ダビング)を禁じる「コピーワンス」を実現する方式の一つなのです。

現在流通してい市販のDVDであったりVHSやレンタルビデオ店で借りてきたもの、それらを複製やコピーしようとても拒否されたり、あるいは不要で良く分からない画像の乱れが混入して正常には見れないコピー品ができあがったことがある人がいると思います。
それは映像に特殊な信号を組み込ませることにより不正に複製できないようにしてあるためです。
その技術を前述の他にCPRMコピーガード(コピーコントロール、コピープロテクト、不正コピー防止機能、コピー制御)などと呼びます。

固有のメディアIDをBCA (Burst Cutting Area)と呼ばれる、ライティングソフトを使用して書き込めないDVDの最内周部分領域に書き込み、映像データは暗号化して記録します。
パソコンなどを使ってデータはコピーできたとしても、メディアIDを書き換えられないので復号できません。
よって映像などを見ることは出来ないのです。

最近では、短い時間でなおかつオリジナルよりも安くコピーができるようになり危機感を感じたメーカー側による研究、実験がいろいろ進められています。
そしてDVDやVHS(ビデオ)映像関係やCDなどの音楽メディア関係の著作物のコピーをガードすることを認めないようにたくさんの種類が存在してきています。

CPRMのメディアをCPRMに対応したDVDプレーヤーやDVDレコーダーなどで再生する場合、アナログのビデオ端子からは、CGMS-Aとして出力されるようになっています。
家電量販店などのAV機器コーナーでは、画像安定装置などと称して、CGMS-Aなどのアナログコピーガードが容易に除去出来る装置が公然と販売されています。
つまり、コピーを完全に防止する事は困難だと言われています。
だからと言って、法を犯すような行為は絶対にやめましょうね。

再生ソフト│ コピー │CPRM対応
CPRMのデジタルレコーダで録画したDVDをパソコンで、再生したいのだが、、今のPCでは再生できない・・・
といった悩みをお持ちの方はいませんか?

CPRMを採用した映像のPCでの再生には再生ソフトが必要です。
再生ソフトが無ければPCでの再生はできないのです。
そして、CPRMした再生ソフトは有料のものしかなく、フリーソフトは存在しないようです。
(私の知る限り・・・)

ここでは有料の再生ソフトをご紹介いたします。

[オススメ再生ソフト1−『WinDVD』]
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040520/interv.htm

[オススメ再生ソフト2−『PowerDVD』]
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se289705.html?y

[オススメ再生ソフト3−『CinePlayer』]
http://www.roxio.jp/jpn/store/cddvdburning.html#007


定番の再生ソフトであればWinDVDやPowerDVDですね。
どちらの再生ソフトも6以上のバージョンなら対応しているはずです。
安い分(機能限定)でも対応しているかアップデートで対応するはずです。
購入時についていたWinDVDもパックを無料でダウンロードできCPRMのセットアップができるのではないでしょうか。

cine playerは、そこそこ使いやすいです。
ただし、100%良い物とは言い切れないところもあります。

CPRM再生できるものはけっこう重く、そのうえよくフリーズする傾向にあるようなので、ある程度の覚悟は必要です。
ちなみに私のPCに入っているWinDVDは重い上に止まるので全く使い物になりません。

CPRM対応の優れた再生ソフト(しかもフリーソフト)が登場してほしいものですね。

再生│ コピー │コピー
スポンサードリンク