CPRM対応のDVD再生ソフトや解除方法をご紹介 ⇒ DVD(DVD-R,DVD-RW)
スポンサードリンク

CPRMとフリーソフトについてご紹介します。
ここでは主にフリーソフトの質問とその回答です。

[Q]
デジタルレコーダで録ったDVDをPCで、再生したいです。
でも、今のPCでは再生することができません。
パイオニアのDVR-108は、CPRM対応ドライブなのかもよくわかっていません。
また、CPRMのDVDは、専用ソフト(フリーソフト含む)が必要だと聞いています。
フリーソフトが大変嬉しいのですが、値段がそれほど高くなければフリーソフトでなくともメーカー品でも構いません。
また今普通のDVD-VedeoもWMPでも再生できないため、仕方なくフリーソフトを使っている状態です。
DVDドライブについていた、ハンドルソフトMyDVDとRecordNowをそれぞれインストールしていたときは問題ありませんでした。
しかし、RecordNowだけVerUPしてからダメになってしまいました。

CPRM対応の再生ソフト(フリーソフト)
パソコンの再生ソフト(フリーソフト)をCPRM対応にするにはどうしたらいいですか?

[A]
DVR-108は、対応ドライブです。
これまでに国内で市販されたDVD書き込み機能のあるドライブは、最初期に出た2、3台の例外を除いて全てCPRM対応ドライブです。
実際問題、ドライブに関しては気にする必要はないと思います。

またフリーソフトですが、現在はまだフリーソフトは存在しないと思います。

パッケージもありますが、「POWERDVD」「WinDVD」などを最新バージョンにダウンロード販売で入手してアップグレードすると対応することができます。

CPRMを再生するためにはDVDドライブが対応している必要があります。
再生ソフトも、フリーソフトはたぶんなく大概有料ですね。
有料でDLできるサイトもあると思いますよ。
POWERDVDなどがオススメです。

CPRM対応再生ソフトはフリーソフトではまだなさそうですね。


Decrypter│ DVD(DVD-R,DVD-RW) │relCPRM
DecrypterとCPRMについて触れいきます。

DVD Decrypterを使用してCPRM記録のDVDから、DVDにコピーする場合はCPRM対応のメディアを使用しないと複製(コピー)できないのでしょうか。 
CPRM対応のメディアは、普通のメディアと何か違う点はあるのでしょうか。

CPRM、CPPMではメディア固有の認識子を使うため、DVD Decrypterでは不可なのです。

ちなみにこのソフト(DVD Decrypter)はかなり前に開発が終了しています。

ないんです。
それはなぜかと言うと、再生をする際には、そのIDを使用して復号化されます。
コンテンツを他のメディアにコピーしようとしても、IDはコピーされないので、コピー先のメディアは再生できないという仕組みになっているものですから不可能なのです。

DVD Decrypterとは・・・
DVD Decrypter (ディーブイディー・デクリプター)は、DVD のディスクイメージを抽出(リッピング)することができるフリーウェア(フリーソフト)です。
Microsoft Windows 上で動作を行います。
主に DVD-Video のバックアップを取得するために使用されます。

DVD Decrypterは、ノルウェーのヨン・ヨハンセンが1999年に開発した DeCSS を元にした CSS 解除機能を実装しているので、CSS による暗号化をデコードした上でディスクイメージを抽出することができます。
また、このソフトウェアには ISO イメージの DVD メディア書き込み機能や、ディスクイメージの(リージョンコードエンハンスメントの除去を含む)リージョンコード変更ツール、ユーザ操作禁止項目除去ツールなどが付属しています。
(引用:wikipedia)

cprm2free│ DVD(DVD-R,DVD-RW) │フリーソフト
CPRM、中でも今回はWinDVDについてご紹介します。

WinDVDは、ご存知Panasonic製の製品でDVD-Videoを再生するためのアプリケーションソフトです。

まずは、オンラインヘルプの見方。
WinDVDの操作方法については、オンラインヘルプをご覧になると分かりやすいです。
WinDVDの起動後に、次のうちのいずれかの方法で見ることができます。

●WinDVDの画面上で右クリックし、[ヘルプ]をクリックする。
●WinDVDの画面右上の[?]をクリックする。

CPRMで録画したディスクを再生しましょう。
デジタル放送などで「1回だけ録画可能」として放送された番組をDVDレコーダーで録画/記録した場合、WinDVDでそのディスクを再生するには、インターネットからWinDVDにCPRM拡張機能プログラムをダウンロードして組み込む必要があります。

WinDVDを使ってみる。
次のどちらかの方法で起動することができます。

●(スタート)-[すべてのプログラム]-[InterVideo WinDVD]-[InterVideo WinDVD for Panasonic]を選択する。
●デスクトップの(InterVideo WinDVD)をダブルクリックする。

デスクトップに(InterVideo WinDVD)が表示されていないという場合には、「WinDVDを削除してしまった」をご覧になってみてください。
そして、再インストールしてください。

BS放送を録画したDVDを、WinDVDで再生しようとすると「CPRMコンテンツをスキップしています」となり、再生する事が出来ないという質問がよくなされます。

デジタル放送で1回限りコピーのものを録画してそれをパソコンで再生する場合には以下の点に注意が必要です。

●再生ソフトがCPRMに対応していなければならない。
●パソコンのドライブがCPRMに対応していないといけない。

再生│ DVD(DVD-R,DVD-RW) │cprm2free
VRフォーマットのCPRM対応したものからビデオフォーマットへの変換したいという人が少なからずいるようです。
変換したい気持ちや変換したい人がいるというのは、分からなくもないですね。

DVDレコーダーでデジタル番組をDVDにダビングしてみたもののVRフォーマットでCPRMにて録画しているので他のプレーヤーでは再生できないとうものです。
VRフォーマットのCPRM対応からビデオフォーマットへと変換することのできる方法あるのでしょうか。

いろいろと調べていくと変換はできなくはないようです。
ただ変換を行うには険しい道のりが待っています。
地上波デジタル放送とうものは、画質がDVD以上とされているため、CPRMというコピーコントロールがなされています。
DVD-RWなどのメディアにコピーしたときもそのCPRMのプロテクトがされており、通常ではフォーマット変換することはできないのです。
そのため、CPRM自体を解除する必要があります。
幸いといってはなんですが、現在CPRMは以下のツールにより解除することができます。

・cprmgetkey
・cprm2free

ただ、これらのソフトは他のフリーソフトのようにサイトからのダウンロードができません。
すでにサイトが閉じられているためです。
P2Pソフトを使うと他の方から入手することは可能といえば可能です。
この方法で変換は可能となります。

ですが、CPRM自体を解除もP2Pソフトの使用も違法にあたる可能性があるのでやめておきましょう。
フォーマットの変換もあきらめることをおススメします。

Mac│ DVD(DVD-R,DVD-RW) │PS3(プレイステーション3)
パソコンもCPRMに対応したパソコンでなければならない。

CPRMに対応したパソコンやハードディスクがないと、録画したデジタル放送の番組を再生することができないことをご存知だろうか。

2004年から、「コピーワンス」というコピー制御方式、すなわちCPRMが実装されている。
これにより、デジタル放送の番組録画には、CPRMに対応したハードディスク、メディア・パソコンが必要となった。
この方式の導入により、デジタル放送の番組を録画した場合、CPRMに対応したレコーダーであったりパソコンを持っていれば再生が可能であるが、CPRMに非対応のレコーダやパソコンでは再生ができない仕組みになっている。

録画したデジタル放送の番組のデータを、たとえパソコンに移すことができたとしても、それをパソコン上で再生することはできない。
また、そのパソコン上のデータをCPRM対応のDVD-R・DVD-RW・DVD-RAM・DVD-R DLにコピーしても、それを再生する機器がCPRM対応の機器でない限りは映像を見ることができない。

似た方式として、CPPMとよばれる再生専用メディアのコピープロテクト方式がある。
これは、Content Protection for Prerecorded Mediaの略で、原理的にはCPRMと同様である。
次世代DVDの企画であるブルーレイ・HD DVDでは、CPPMなどと比較して、ますます解除を難しくする、AACS等の新しい方式によるコピーガードをパッケージソフトなどで採用しているようだ。

ソフト│ DVD(DVD-R,DVD-RW) │ダビング
CPRMとDVD(DVD-R)などのメディアについてご紹介してまいます。

まず、CPRMとは、「コピー・ワンス(1世代だけ録画可能)」の番組を録画するときに使われるコピー制御方式のことを言います。
コピー制御技術ですね。
CPRMに対応したDVD(DVD-R)などの各種メディアや機器やライティングソフトが必要となってきます。

この方式により録画されたメディアを再生する場合には、たとえDVD(DVD-R)などへの再生対応を謳ってたとしても、その再生機器がCPRMに対応していなければ見ることはできません。

PCに関する雑誌を久々に買って読んでみるとCRPM対応DVD(DVD-R)をHDDにVR形式で保存するツールが掲載されていました。
BSデジタル放送をCRPM対応DVD(DVD-R)に録画したものは全部処分してしまったので、手持ちのDVD(DVD-R)がなくて実験はできていません。
更に別のソフトウェアでDVD(DVD-R)へCRPM解除した形で焼くことも可能なようですね。
いたち企業とユーザのいたちゴッコもここまで来たのかと驚いています。
専門用語が飛び交うのでPC操作や画像ファイルに詳しい方向けですね。

次世代DVD(DVD-R)が本格化していくと、CRPM対応DVD(DVD-R)に保存していたファイルの編集、コピーが必要となることがあるでしょう。

ブルーレイレコーダーで録画したBD-R/REからAACSを解除してTSファイルをPCにコピーできるBackupBDAVというソフトが以前公開されました。
ですが、今度はDVDレコーダーで録画したDVD(DVD-R)記録メディアからCPRMを解除してPCにコピーできるソフトが公開されているようです。

公開されているのは、メディアからContentsKeyを取得するcprmgetkeyというソフトです。あと、取得したContentsKeyを使ってCPRMを解除するcprm2freeというソフトです。

CPRMを解除してPCにコピーしたVROファイルはDVD(DVD-R)再生ソフトを使って再生することが可能なようです。

CPRM対応│ DVD(DVD-R,DVD-RW) │ダビング10
2004年11月以降、各メディアのメーカーからCPRM対応のDVD-Rディスクが発売されたことに合わせて、DVDレコーダメーカーからその対応状況が公開されました。

これまで、CPRM対応メディアはDVD-RW/RAMのみだったのですが、マクセル、三菱化学メディア、太陽誘電などからCPRM対応のDVD-Rメディアが発売されました。
CPRM対応DVD-Rの録画/再生を行なうには、対応レコーダが必要となります。
パイオニアの「DVR-920H-S/720H-S/625H-S/525H-S」や東芝の「RD-X5」や「RD- XS36/46」などがサポートしています。

DVD-RメディアがCPRM対応となったことで、対応DVDレコーダではVRモードでデジタル放送のコピーワンス放送録画が可能となります。

「PowerDVD」がCPRM対応に
サイバーリンクがDVD再生ソフト「PowerDVD」のCPRM対応を対応したと発表しました。
DVD再生ソフトの正式なCPRM対応は初のことでした。

◇松下電器産業
現在、松下電器産業はCPRM対応DVD-Rメディアに対応したDVDレコーダは発売していません。
DMR- E100H/E200H/E55/E85H/E87H/E95H/E220H/E330H/E500H/E75V/E150V/E250V、TH- 22LR30では、CPRM対応DVD-Rメディアを通常のDVD-RとしてDVDビデオモードでの録画などが行なえます。

◇日立製作所
日立製のレコーダも現在CPRM対応DVD-Rへの記録には非対応です。
DVDレコーダの「DV- DH400T/DH250T/DH160T/DS160/RV7000/RX7000/MS-DS400/DS250」では、VRモード録画には対応しません。
しかし、DVDビデオモードでの録画は可能となっているようです。

DVDディスクにCPRMコンテンツを記録する際、再生は録画に使ったDVDレコーダに限られます。
しかし、CPRM対応ソフトを使うことでPCでも著作権を保護しながら再生が可能となります。
ただし、ドライブがCPRMをサポートする必要があります。

コピー│ DVD(DVD-R,DVD-RW) │DVD(DVD-R)
スポンサードリンク